欠かせぬ便器交換の事ならクラシアン

便器交換の必要に迫られたならクラシアンへ

便器交換の必要に迫られたならクラシアンへ 便器交換を要するトイレ内のトラブルも、時を選ばず生じるリスクが否めません。陶器製の便器は外部から目視確認出来ない箇所に発生した亀裂や、蓋や排水管のジョイント部分の不具合など、突然私達が使用出来ない状態となってしまう、トイレ内の重要なパーツです。こうした経年劣化に伴うトラブル処理依頼はクラシアンにも連日数多く寄せられており、便器交換を含む水回り全般の点検作業を通じ、トイレ内環境の復旧に尽力しています。

またこうした経年劣化のみならず、ウォシュレットの水が止まらない、便座の蓋のジョイントや床との接地部分の不具合など、比較的新しい便器にもさまざまなトラブルが想定されます。適正な固定が為されていない便器の場合、人間の体重がかかり続ける中、間接的に排水管回りへも無用な振動からダメージが伝わり、二次的な被害を生じてしまう展開が否めません。便器の不具合に気づかぬまま、多くのご家庭で危うい状態の便器が使用し続けられているリスクもまた、クラシアン注意喚起を伝えたいポイントです。

更に商業施設や屋外施設などのトイレの便器の場合、便器交換が必要となるトラブル発生の可能性が当然跳ね上がります。不特定多数の人達が無造作に使用すれば、それだけ劣化は激しく、とりわけ屋外施設の場合は点検作業等も粗くなりがちで、結果「故障中」「使用不可」の貼り紙の登場となるパターンが数え切れません。また小便器に関しても、旧式の壁に浮いた状態の場合、経年劣化で剥がれ落ちてしまい、排水設備を含めての崩壊から甚大な被害が生じる可能性が否めません。こうした施設の管理会社や担当業者にとって、結果的に自組織の負担となり、定期的な点検と、必要に応じての速やかな便器交換対応が望まれます。クラシアンではこうした劣化が顕著なトイレのリニューアルに関しても、無料相談対応でベストな改善策をお客様とご一緒に模索しています。

クラシアンは現場の状況確認から商品の販売を含めての便器交換作業の分野に於いても、全国各地で長年の実績を誇っています。24時間対応のクラシアンのコールセンターにまずはご一報からご相談いただく事で、トラブルを未然に防ぐのみならず、要便器交換状態のトイレを迅速確実に復旧します。また和式から洋式トイレへのリフォームに際しての便器交換のご相談から着工に関しても、豊富な実績を有しており、現場確認から見積提示まで無料対応で、皆様のトイレ環境の改善に力を注いでいます。

最新の内容